現地SIMのメリット、デメリット

現地SIMのメリット、デメリット

日本でもかなり格安スマホは浸透していますが、海外に比べるとまだまだ月額の維持費用は高いのが実際のところで、今後はさらに金銭的な負担が少なくスマホを所有できる時代がくると予想されます。

 

また、海外へ渡航する場合も金額が安いSIMカードを契約して対応する端末を用意することでお得にスマホ利用をすることができますが、通信費用や通話料金だけで数十万円という単位の支払いが必要になっていた一昔前とは違いお金の心配をすることなくスマホを使用することが可能です。

 

SIMカードが自由に使用することができる端末を所有しているのであれば、直接海外へ渡航してから対応するSIMカードを購入するという方法もありますが、これだと現地の料金プランに沿っての使用になるのでローミングのように高額な費用が必要になることはありません。

 

ただし、日本にさまざまな携帯電話会社があるように海外にもさまざまな携帯電話会社があるので、ぞれぞれの会社によって料金設定は異なっていることも想定されるため、契約する先によっては損をしてしまうことがあります。

 

ちなみに現地で購入する場合は先払い式のプリペイドタイプになるのが一般的ですが、あまり使用しなかった場合は残金も高くなるものの、返金されることも無ければ日本に戻って使用することもできないので損をしてしまう可能性もあります。

 

反対に決められた金額以上を使用すると強制的に使用ができなくなるなどの可能性もあるので注意が必要です。


関連ページ

海外で使用できるスマホを探す
海外でスマホを使用するためにここから始めよう。海外で使用できるスマホを探すときに知っておきたいことについて解説しています。
海外SIMカードを探す
海外でスマホを使用するためにここから始めよう。海外SIMカードの探し方について解説しています。
ショッピングサイトの活用
海外でスマホを使用する準備について、ショッピングサイトの活用の仕方を解説しています。
解約する際の注意点
海外でスマホ使用する際に気をつけたいこと、解約する際の注意点について解説しています。
海外スマホ使用におけるトラブルリスク
トラブルに合わないためにはよくあるトラブル事例知ることが大切です!海外スマホ使用におけるトラブルリスクについて解説しています。

▲TOPへ戻る